ホーム > 現金化 > 総量規制とは無縁のクレジットカードの現金化

総量規制とは無縁のクレジットカードの現金化

総量規制という言葉を、ご存知でしょうか。総量規制とは、個人の借り入れ可能な額が、年収などの3分の1までとする規制のことです。貸金業者が、個人の顧客から貸付けの申し込みを受けると、信用情報機関にその顧客の個人信用情報を問い合わせて、借入残高の調査を行います。貸付枠に余裕があれば、その分だけ貸付を行うことができますが、総量規制を超えるような貸付をすることはできません。もしも、総量規制を無視して貸付をすると、貸金業者が処罰されることとなってしまいます。 

 

このような総量規制の関係で、お金が必要でも貸金業者から、お金を貸してもらえない人もいるでしょう。そのような時は、どのようにしているでしょうか。家族・親類から借りる人、知り合いから借りることができるかも知れませんが、後々の付き合いがしにくくなるのではありませんか。

 

その点、クレジットカードの現金化という方法であれば、総量規制を気にせずに返金を手にすることができます。

 

ここで、もう一度、総量規制の内容について、確認をしておきましょう。総量規制は、貸金業法の一部です。そのため、クレジットカードを使った借入れであるキャッシングは、総量規制の対象となりますが、クレジットカードで商を購入するショッピングは、お金を借りる行為とは言えませんので、総量規制の対象外となります。つまり、クレジットカードでショッピングをして現金化する方法であれば、総量規制で制限された金額一杯にお金を借りている人でも、利用することができるのです。

クレジットカードを使って現金を手に入れよう!


タグ :